夏場の乾燥肌対策!

私は、夏と冬で乾燥する箇所が異なります。夏場は、クリニークの拭き取り化粧水でコットンを使い、しっかりと肌の油分を拭き取ります。この時、最初に洗顔はせず拭き取り化粧水のみ使用します。次に、ミノンの化粧水を使い、これは手でほっぺ、鼻、額、最後に顎、余っていたら首にも使います。次は、クリニークの角質ケアを使い、これは鼻と額になるに塗ります。最後にボディークリームを私は使います。夏場ですので、ニベアなどのねっとりしたものでなく、使用感がすっきりする者にしています。
冬場は、クリニークの拭き取り化粧水、化粧水をロクシタンの保湿性の高い化粧水を使用し、角質ケア、最後のクリームは、ロクシタンのクリームを使用しています。

乾燥肌はどのような保湿をするとよい?

乾燥肌は、個人で乾燥する箇所が違うのですが、私は特に目周りと口周りが乾燥して、化粧が崩れてきます。目周りは、保湿性の高いロクシタンのクリームを使う、目の美容液を使う等その箇所に応じた対策をしています。口周りは、RMKの美容液を使用してから、ファンデーションを塗る、ファンデーションを塗る際、美容液と一緒に混ぜて使用する等心がけています。
こうすることで、お化粧も夕方までなおすことなく、過ごしています。

乾燥肌の人が保湿をする時の注意点は?

目周りに拭き取り化粧水を使ってしまうと、目周りが乾燥する人は、より乾燥を促してしまうので注意が必要です。拭き取り化粧水は、目周りと口周りは避けた方が良いと思いました。おでこにニキビが出来やすい人は、拭き取り化粧水をおでこに使うと、溜まっていた化粧の汚れが一掃され、ニキビが出来にくくなります。
保湿をする際、夏場と冬場で化粧水、クリームを変えた方が良いと思います。これは、経験して思いました。夏と冬では湿度が違うので、それに応じた対策を考えた方が良いです。

乾燥肌の保湿について

私は、経験上、拭き取り化粧水、化粧水、角質ケア、美容液、クリームをすることを心がけています。時間がない朝でも、眠たい時でもこれはかかせません。朝化粧に取り掛かる時、全然顔のコンディションが違います。
私は、夏場と冬場で化粧水、クリームを変えてますが、これは絶対変えた方が良いと思います。夏場は、暑いので保湿性が高いものを使うと、顔がねとねとしており不快に思います。スッとするクリームを使うと、夏場は快適に過ごせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です